舞台で使えるフリーCADを探す 〜点と線で描くフリーCADソフト【QCAD】

舞台で使えるフリーCADソフトを探す企画・第二弾。今回は、”QCAD”です。

QCADはWindows,Mac,Linux対応しています。ただし、Windows版は有料です。
体験版は15分まで使用できるのですが、そのあとは『少々の金額を払えば、制限なしで利用できます』というアラートが出て機能制限がかかってしまいます。

体験版ダウンロードページへ

マニュアル

インターフェイス

インターフェイスはこんな感じ。クリックすると、拡大された画像が別タブで開きます。
QCAD.jpg

インターフェイスだけ見ると、ベクターワークスと同じようにX軸とY軸方向に定規が表示されているし、使いやすそうです。

VectorWorksで作った図面を、DXF形式とDWG形式でそれぞれ取り込んでみました。
MACの場合、DXF/DWGファイルを右クリック→→このファイルで開く→その他→アプリ選択でQCADを選択すると開けます。

DXF

ほぼ問題なく取り込めました。しかも、定規がちゃんとセンター振り分けになってくれています。ピアノの鍵盤と文字が潰れているのは、反転しているせいです。
QCAD Right DXF

QCAD Stage

DWG

こちらも、ほぼ問題ありません。ステージ図面はDXFと変わらないので省略。
QCAD Right DWG

操作性

ドロー系ではないため、どうやって使えばいいのかいまいちわかりません。四角形を描くにも、線ツールを選択して幅と高さの数値を入れて描くという、一手間かかる操作です。

作った四角形は、4本の線でできている状態なので、一本ずつ線を選択したり消去できますが、移動するときは4本全部の線を選択する必要があります。
平台などの四角い形状の多い舞台図面だと、面倒かもしれません。

取り込んだ図面に関しては、スポットライトなどのオブジェクトがグループ化させているのか、スポットライトをクリックすると全部の線が選択されました。

チュートリアル

QCAD|【Linux で科学しよう!】
フリーCAD QCADの紹介|
AutoCAD操作説明書(ブログ)

QCadを使ってみる|HobNote
無料CADソフト「QCAD」で設計・製図

英語版ですが、詳しいチュートリアルを紹介しています。

価格

  • ダウンロード版 32ユーロ(約4,585円)
  • CD-ROM版 42ユーロ(約6,017円)
  • ダウンロード版の方がお得です。

おすすめ度

★★☆☆☆
ベクターワークスなりで作ったDXF/DWGファイルを取り込んだ場合は比較的扱えるけど、一から作るとなると難しいです。

舞台で使えるフリーCADソフトを探す企画・目次

  1. フリーのCADソフトで、仕込み図は書けるのか試してみる
  2. 舞台で使えるフリーCADを探す〜直感的に使いやすいフリーCADソフト【Drafting CAD】
  3. 舞台で使えるフリーCADを探す〜QCADから派生したフリーCADソフト【Libre CAD】
  4. 舞台で使えるフリーCADを探す〜Windows専用の国産フリーCADソフト【AR_CAD】
  5. 舞台で使えるフリーCADを探す〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】
  6. 舞台で使えるフリーCADを探す〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください