舞台で使えるフリーCADソフトを探す〜QCADから派生したCADソフト【Libre CAD】

舞台で使えるCADを探す企画・第三弾。今回は、”Libre CAD”です。

前回紹介した、QCADから派生したソフトです。
Windows,MAC,Linuxにそれぞれ対応しています。

ダウンロードは下記からどうぞ。

ダウンロード

インターフェイス

今回は、Windows7で開いてみました。画像をクリックすると、拡大図が見られます。
LibreCAD.jpg

DXF

VectorWorksで作った図面をDXFに変換し、LibreCADで開いてみます。
Libre Right

Libre stage
DWGファイルは、開けませんでした。

操作性

QCADと同じく、ドロー系に慣れていると難しいです。選択して移動、解除の操作だけでも悩みます。多少、QCADとは操作方法が違います。

四角を描くときは、線ツールを選択、4点をクリックして右クリックで解除すれば描くことができます。
あとは、ひたすら練習して慣れるしかありません。

チュートリアル

詳しい使い方は下記サイトを参考にしてください。

「LIBRECAD」カテゴリーアーカイブ|FISHERMAN
LibreCAD|@wiki

英語で解説されているチュートリアルです。見るだけでも参考にはなるかと思います。

価格

フリーソフトです。機能制限などはないようです。

おすすめ度

★★☆☆☆
とにかく操作が難しいのですが、フリーソフトであるという点は評価。でも、X軸とY軸にスケールが表示されていないので
星2つ。設定でどうにかなるかもしれませんが。

フリーソフトなので、とりあえずダウンロードして慣れてみるのもいいかもしれません。

目次

  1. フリーのCADソフトで、仕込み図は書けるのか試してみる
  2. 舞台で使えるフリーCADを探す〜直感的に使いやすいフリーCADソフト【Drafting CAD】
  3. 舞台で使えるフリーCADを探す〜点と線で描くフリーCADソフト【QCAD】
  4. 舞台で使えるフリーCADを探す〜Windows専用の国産フリーCADソフト【AR_CAD】
  5. 舞台で使えるフリーCADを探す.5 〜 操作画面がわかりやすいWindows専用CAD【RootPro CAD】
  6. 舞台で使えるフリーCADを探す〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください