舞台で使えるフリーCADソフトを探す〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】

舞台で使えるフリーCADソフトを探しているんだよ・第6弾です。今回は、”Draftsight”のご紹介です。

DraftSightは、DWG ファイルの作成、編集、表示をより効率的に行うことができる、Mac,Windows,Linuxで使える2次元CADです。AutoCADに機能や操作面が似ています。

現在、無償版と有償版がありますが、無償版DraftSight(バージョン2018/Xおよびそれ以前のバージョン)は、2019年12月31日をもって使用できなくなります。無償版DraftSightのダウンロードも2019年3月19日をもって終了することになりました。

下記から、ダウンロードできます。

無償版ダウンロード

インターフェイス

画像をクリックすると、大きい画面で見れます。
sDraftSight.jpg

DXFを変換

照明図面と舞台図面のDXFデータを変換してみます。Macだと、ファイルを右クリック→このファイルで開く→Draftsightを選択で開けます。
sDraftSight Right DFX

sDraftSight Stage

DWGを変換

今度は、照明図面と舞台図面のDWGデータを変換してみます。
sDraftSight Right DWG

sDraftSight Stage DWG

残念なことに、どちらも文字化けを起こしています。

操作感

AutoCADと同じような操作感ということで、ドロー系CADソフトのベクターワークスに慣れた身では、非常に使いにくいです。
選択したシンボルデータを移動することはできますが、選択の解除がわかりません。そして、座標もありません。

手軽に描けるCADとして使うには、操作を覚えるには大変かと思います。

ただ、AutoCADを覚えれば、使いこなせそうです。AutoCADの取扱説明書は、ネットで探せばいくらでも出てくるし、書籍もあるのでAutoCAD入門ツールとして使うのもいいかもしれません。
聞いたところによると、海外では図面の作成はほとんどAutoCADが使われているそうです。

チュートリアル

基本マニュアル|ダッソー・システムズ

DraftSightのゆるーい使い方

書籍も販売されています。

価格

フリーで利用できましたが。前述の通り2019年12月31日をもって使用できなくなります。
無料でダウンロードしてみて、使い勝手がよければ有償版を購入してみてはいかがでしょうか。

おすすめ度

★☆☆☆☆ 1点
あくまでも、ドロー系の使いやすさとしての評価なので、低いです。ただ、調べてみると、AutoCADを使ったことがある人たちには好評のようです。

舞台で使えるフリーCADソフトを探す企画・目次

  1. フリーのCADソフトで、仕込み図は書けるのか試してみる
  2. 舞台で使えるフリーCADを探す〜直感的に使いやすいフリーCADソフト【Drafting CAD】
  3. 舞台で使えるフリーCADを探す〜QCADから派生したフリーCADソフト【Libre CAD】
  4. 舞台で使えるフリーCADを探す〜Windows専用の国産フリーCADソフト【AR_CAD】
  5. 舞台で使えるフリーCADを探す〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】
  6. 舞台で使えるフリーCADを探す〜AutoCADと似た操作感のフリーCAD【Draftsight】

2 Comments

シンバル

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
JWcadのテキストでは、グーグルスケッチアップともうひとつフリーソフトを組み合わせて、3Dモデリングしていましたよ。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
シンバルさん
いらっしゃいませー。
3Dはやったことなかったですねー。ベクターにも3D機能はあったんですけどね。興味なかったので。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください