バレエ現場に出動要請

舞台の神様が、くらげにまた照明の仕事を与えてくれました。

今回の依頼主はなんと。
このブログによくコメントしてくれている、”なんとかなるでしょ”のゆうきさん。
元小屋付きで、現在は舞台の仕事に果てしなく近いけど一言ではまとめられない仕事をされています。

ゆうきさんとのブログ上の付き合いは長いのですが、今年初めて対面したばかりです。今回は、人手不足だったところにちょうどくらげが仕事を辞めたことを知り、これ幸いと依頼したそうです。なんて怖いもの知らずな。
とはいえ、ありがたく引き受けさせてもらいました。

仕事内容は、なんとくらげの苦手なバレエ。でも、小品集であまり難しくないそうなので安心です。場所は、くらげ邸から2時間くらいのところ。
メンバーは、ゆうきさんとゆうきさんの元後輩、そしてくらげの3人。二人とも、くらげがこの間高校演劇の仕事で行ったホールの照明さんをご存知だそうで、この業界は本当に狭いと実感した次第です。

そして!
今回のホールで一ヶ月ぶりに松村製品と再会いたしました。
やっぱり5年近く慣れ親しんだせいか、親近感が湧いちゃっています。機材がちょうど多目的ホールのときと同じFSとCSです。お久しぶり。

それにしても、ダクトも延長もフタマタも相変わらずどれも松村のは硬いです。差すのはもちろんのこと、抜くのは非常に苦労します。
調光卓は、F210です。初めて触りますが、雰囲気はF151やf153と同じです。

シュートの時、調光室で送りだったので、思う存分触っておきました。ただ、回路をちょっとチェックしたいときがあったのですがパッチはさっぱりわからず。しかもプリセット部が左側でパッチやキューとサブフェーダーが右側と分かれていて、距離がかけ離れています。すんごい操作しにくそう。

ピンスポットは、これまたお久しぶりなサンビーム。くらげが懐かしむ一方で、「ああ、これか」と元後輩さん。サンビームを見ると、必ず同じような反応を見ます。
ウシオのSUPERSOLに慣れると癖があるのですが、けっこう細かいところに気が利いている機材ではあると思います。ウシオにも見習ってもらいたいところはあるのに、廃盤はもったいない。

仕込みは、開けてびっくり聞いていないよ的なことばかりから始まり、シュート中に場当たりで、非常にバタバタとしていて、何度も何度も登ったり降りたり登ったり降りたりで、本番中は以下省略。
バラシの終わったあとは、のんびりロビーでいただいた夕飯のお弁当を食べながらまったり。

と思ったら、もう締めるからと追い出され急いで食べて退館。最後までバタバタなのでした。
さて、次のくらげ舞台照明の出動はいつだろう。

4 Comments

みかんうさぎ

SECRET: 0
PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
おはようございまーす。
あ、松村のコンセント部、基本的に固いんだ?
私のメンテが悪いか、老朽化で差し込みが悪いのかと思ってた(笑)。
固いから抜くときに床の蓋で手の甲をすりむくのが定番になっちゃってて、素手で抜くのは危険だと判断してます…(TT)。

返信する
ゆうき

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
くらげさーん!
本当にありがとうございました!こんなドタバタ現場になっちゃうとは・・・!!すいません。
なるほど、松村だからあんなに固かったんですね!「なんだよ固いなあココの劇場のコンセント」とか思いながらバラシてました(笑)
みかんうさぎサンの言う通り、あれはフロアは素手では怖いですね・・・
しかしホントありがとでした。
相当バタバタしたけど、くらげさんと初仕事して楽しかったです!

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
みかんうさぎさん
いらっしゃいませー。
そうなんです。松村はどこ行っても固いです。多目的ホールではあまりに刺さらないんで拳でがんがん叩いていました(笑)
手の甲ってぶつけると地味に痛いので、革手は必須ですね。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆうきさん
本当に、開けてびっくりな展開でしたね。
いやもう、とにかく松村はどこ行ってもどれでも固いです。頑固に固いです。
こちらこそ、楽しかったです〜。また機会がありましたら、これに懲りずぜひ使ってください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください