バイク用電熱ジャケットを購入してみたのでレビューするよ【TAICHI e-heat INNER JACKET】

冬でも快適に走行するために欠かせない電熱ウェアは、いろいろなメーカーから販売されていて、値段はピンきりです。
安いものだと1万円ほどで買えてしまいますが、高いものだと3万円以上します。

これまでくらげは、1万円程度の電熱ベストを着用していました。1万円程度のものでも普段遣いでは全く問題ありませんが、ツーリング用となるとやはり物足りなさを感じます。

そこで、思い切ってRSタイチの電熱ジャケットを購入することにしました。

防風とストレッチを両立した生地に、毛長フリースの裏地を合わせて保温性を向上、電熱ユニットの効果を最大限に発揮します。

バッテリーは別売りです。こちらはe-heat専用モバイルバッテリー2個入りで、2個装着すると一番低い温度で8時間持ちます。

e-HEATの電源として、リチウムイオンバッテリー(2個)と専用充電器をセットにしました。

着用感

インナージャケットと言いながらも、記事は防風効果のある厚手素材で、これだけでも十分寒さを防いでくれそうな感じです。

襟元の裏地はフリース素材なので冷たい風の侵入を防いでくれます。

発熱パネルは背中と肩にあります。背中は大きめなので背中全体を温めてくれます。

こちらがバッテリーと充電器。2個セットです。

バッテリーはポケットに収納します。小さめのポケットなのでバッテリーを入れてしまうと財布やスマホは入りません。

着用イメージはこんな感じ。くらげの身長は150センチの痩せ型です。普段はS〜Mサイズを着用しています。
購入したのはWMですが、そこまで大きいという印象はありません。

上に、同じくRSタイチのモトレックウィンタージャケットを着用してみました。

中綿入りインナーとフードは着脱可能です

インナージャケットの生地が厚い分、着にくいし動きにくいです。

モトレックウィンタージャケットのインナーを外してみました。だいぶスッキリして動きやすくなりました。電熱ウェアのインナージャケットに防風効果があるので、外しても問題ないでしょう。

スイッチの操作

スイッチは発光する日中、夜間共に操作は見やすいです。スイッチを約2秒、長押しすることでスイッチのON / OFFができます。電源が入った後は、スイッチを押すごとに発熱レベルの変更ができます。また、起動時の点滅色でバッテリーの残量がわかります。

バッテリーを2個装着すると、赤のハイパワーは約7時間。オレンジのノーマルは約9時間。緑のエコノミーは約14時間使用できます。緑のノーマルでも十分温かいので、ロングツーリングでも安心できる持続時間です。

実際に走ってみた

スイッチを入れてすぐに温かくなります。多くの電熱ウェアは首と背中2箇所が多いのですが、運転中は首よりも肩を温めるほうが楽だなと感じました。背中も
裾にスイッチがあるので、操作がしやすいです。ただ、目で確認しないとどうなっているのかわからないので、信号待ちしているときの操作が安全です。

上からモトレックウィンタージャケットを着ているととても暖かいのですが、やはり着ぶくれするので動きにくさを感じます。長時間走っていると疲れそうです。
代わりにワークマンの防風パーカを着てみましたが、これだと物足りない感じ。防風とはいえ発熱した分が逃げていく感じがします。

インナージャケットの上に着るものは、ある程度しっかり防風、防水効果のあるしっかりした素材で、あまり生地が分厚くないものを着たほうがいいのかもしれません。

締めくくり

バイク専用のウェアは、どうしてもお値段が高くなってしまうのが難点です。それでも、専用ウェアを実際に着てツーリングしてみると機能性や快適性の違いがよくわかります。

ぜひ、RSタイチのe-heatインナージャケットを着て、その違いを実感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください