もしかしたら、そこに舞台の神様がいたのかもしれない

急遽、くらげが照明で関わることになった舞台、傑族構成の第2回公演が無事に終了いたしました。
依頼が来たのは、わずか1ヶ月ほど前。高校演劇部の後輩が客演するに当たり、現在小屋付きをしている先輩が照明を担当するはずでしたが、仕事がどうしても休めず、急遽くらげに依頼が来ました。なかなか問題が多いようでしたが、思い切って引き受けることになりました。

では、ダイジェストで本番までの様子をお送りいたします。

稽古見

内容は、二人芝居です。登場人物は、黒い衣装を着た肉食と、白い衣装を着た草食。場所は、とある無機質な空間。傷ついた肉食を草食が手当するところから始まります。なぜ、肉食は傷ついていたのか、草食はなぜ自身が食べられる危険を犯してまで肉食を手当していたのか。物語が進むに連れて、明らかになっていきます。
非常に難解なところが多く、台本を読み込んでもなかなか世界観がつかめません。

稽古はすべて、小田原市内の公民館。稽古は日曜日のみで、都合により本番2週間前が最終稽古でした。セットが揃っていないままの通しを2回くらいしか見れておらず、思うように話し合いもできないまま、稽古が終わってしまいました。

公演2週間前から前日

うっすらとくらげなりに解釈した世界観と演出の要望を元に、うんうんと唸りながら仕込み図作成。今回はCADを使わずIllustratorで作りましたが、縮尺が合わず四苦八苦。やっぱりCADの方がいいな。
仕込みの人件を確保するために、頼りになる人たちに連絡するも、仕事と重なり捕まらず。繁忙期なので、仕方ありません。なので、仕込みは劇団側でお手伝いを付けてもらうことに。

機材の確保に苦労する

今回使用する山王フォレストは、照明機材がすべてサウンドハウスという廉価版の照明機材。揃っている機材は、全て150Wから300Wという光量の弱い機材のみ。そして、通常の劇場やホールには必ず置いてあり、明かりを作る上では必須のレンズスポットが一切ありません。コンセントは全て平行口。小劇場と言いながら芝居で使うには厳しい機材揃えです。そのため、フレネルレンズスポットと凸レンズスポット、ソースフォーをレンタルしてくることにしました。

ところが、ただでさえ繁忙期である上に、機材のT型プラグから平行コンセントに変換するケーブルが10数本も在庫がある会社なんてそうそうありません。さらに、借用と返却のことも考えると場所も限られてきます。
しかし、アテにしていた会社がほぼ全滅。一週間前にやっと、東京舞台照明でやっと借りられることになりました。場所がちょっと面倒で多少割高ですが、仕方ありません。

小屋入り前日に、機材を借りにいく

制作担当さんが、会社の休みを取ってレンタカーを出してくれることになったので、一緒に取りにいくことに。せっかく東京舞台照明まで行ったので、ついでにポリカラーも購入。
行き帰りは首都高を使わず下の道を使うので、イルミネーションの輝く銀座をトヨタのタウンエースで通過。都心は人が多いねー。

仕込み日

15日土曜日。晴れ。絶好の仕込み日和。不安材料を抱えたまま小屋入り。

なにせ、セットが仕上がっていないまま最終稽古だったので、ほぼ現場合わせ。舞台装置自体は大した量ではありませんが、ビニール状の市松模様のカーペットを敷きこんだり、同じカーペット素材をセットに貼り付けたりする作業が多いため、時間がどんどん押していきます。同時並行で照明も仕込んでいきましたが、やはり一人で仕込むには時間が掛かります。

制作さんの会社の同僚であるお手伝いさんは、舞台は初めての方なのでほぼ脚立の下で機材を渡す係りです。
もう一匹のくらげでいいから吊り込む人ほしい。

1時間半押しでシュート開始で、巻きに巻いて1時間で終了。明かりづくりの時間がないまま、場当たり稽古。
卓は、ELATIONのSCENE SETTERという卓で、メモリーはUP/DOWNフェーダーがありません。48chあるうち、上段の24chはプリセット、下の24chがサブフェーダーという変な仕様のため、操作はメモリーを使わず二段プリセットにすることにしました。シーン自体さほど多くないので、たぶん問題はありません。

舞台はこんな感じ。
DSCF8124.jpg
そして、休む間もなくゲネプロ。

ゲネの奇跡

このゲネプロが、初めて衣装とセット、照明と音響がそろった通しです。さらに、役者もそれぞれ不得意な役柄で四苦八苦していました。それなのに、なんだろう。全てが揃った瞬間にすっとこの世界観が完成したような気がしたのです。

これまで、ずっとグダグダな状態で来ていて、ゲネでまとまったことなんて一度もありません。肉食役の役者は草食向きの性格で、草食役は肉食向きの性格。稽古段階では、どうしても違和感を感じていました。しかし、ゲネの時の彼らは、全く違っていました。草食役の彼には草食の弱さが見え、肉食の彼女には見たこともない闇を見ました。
ああ、彼らにはこういう面も秘めていたんだ。

音響に関しても、曲が作品の世界とすごく合っていてグッと来るものがあります。照明は、いつも落ち着きがなくて失敗ばかりのくらげ自身がとても落ち着いて操作することが出来ました。
ああ、この作品はこういう物語だったんだ。

本番日

16日日曜日。晴れ。絶好の本番日和。

都合により、10時入り

ぐったりして帰ってきた前日。めざましを間違えて設定したため、目が覚めたのは8時過ぎ。今日は9時入り。劇場まで所要時間は1時間15分。ぎゃー!!

結局、45分遅れで劇場入りし、色替えと仕込み替えの作業からスタート。昨日のゲネでラストシーンの役者の演技がなかなかよいものだったので、それ用の明かりがほしくなり吊り込むことに。結果、ラストシーンがより締まりました。

あとは神頼み

ここまで来たら、あとはもう神頼みだったりします。何かしたりしなかったりと劇団によってそれぞれですが、大きなところだと神主さんを呼んで舞台上で祈祷してもらったりします。何度か小屋付きとして参加させていただきましたが、気が引き締まる思いがします。

この劇団では役者だけで独特のやり方だったのですが、見ていてすごく鳥肌が立ちました。きっと舞台の神様は見てくれているはず。

マチネ開演

客入れ中。
DSCF8122.jpg
12時30分、マチネ開演。役者は何だか二人共突き抜けた感じです。ただ、くらげは一箇所間違え、ちょっといっぱいいっぱいに。音響的にもちょっと問題がありました。でも、くらげの隣で見ていた演出は号泣していました。
難解な話である上に上演時間も長いし、全く反応がないのでアンケートでも散々だろうと思っていたら、意外と自分なりの解釈をして観てくれたお客さんが多くいたことに驚きました。

ソワレ

思うところがあって、こっそりマチネと明かりを変えてみました。音響的にも問題なし。たぶん、全員思う存分出しきれたと思います。
今回のアンケートでも、やはり自分なりに解釈して観てくれていました。そして思いの外の好評化。くらげはこの作品を理解するのに、すんごい時間掛ったのになー。

残った気力でバラシをして、ぐったり。遅い時間なので、打ち上げは別日に。全員夕飯を食べていないので、駅前のジョナサンに寄ることに。ビールを飲んでご飯食べたら、すっかり元気になりました。何だ、アルコールとご飯が足りなかっただけか。

演出は見ていた

けっこういい加減で学生劇団のノリで生きている演出ですが、くらげがマチネで勝手に明かりを変えたのはわかっていました。しかも、その方がよりよかったらしく、何も言えなかったとのこと。
今回、メモリーを使わなかったのは卓の機能的な問題でした。結果、本番中に作った明かりを簡単に変更もできるし、うっかりフェーダーの上げ忘れや下し忘れも発生します。
上げ忘れて、そっと後から上げていったり。却って今回はそれが功を奏す結果となりました。

今まで型にはまった状態にいたけど、今回はこの劇団でやりたいように好き勝手にやらせてもらった結果、やっと型から外れることができたような気がします。
最期のシメで、演出が言った言葉。「たしかに、階段のところに舞台の神様がいたような気がした」その言葉に、納得する、役者とスタッフ。たしかに、いたような気がしました。

舞台の神様、ありがとう。

そして次の公演へ

今後の劇団の活動は、未定です。これが最期の公演かもしれませんでした。でも、きっといつかまた3回公演ができるはずです。そのときは、またくらげを呼んでください。

6 Comments

みかんうさぎ

SECRET: 0
PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
おつかれさまでした~。
なかなか大変だったんですね。
T-平行はうちの小屋でも2本しかないなぁ。
ああいうケーブルってどっかに売ってたっけ?
めざましのくだりは、くらげさんらしいと思いました(笑)。

返信する
ゆうき

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
これが例のお芝居だったのですね~!
当日を迎えるまで苦労が多数だったのですね。
難解な世界観だと照明プランもなかなか固まらないから頭がショートしますよね・・・
この記事から、くらげさんは本当にお芝居が好きなのだなと感じました。
舞台の神様、いたんでしょうかね。そして、またこの劇団が続いて行くと良いですね。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
みかんうさぎさん
いらっしゃいませー。
いやもう、なかなか大変な仕事でした。
くらげ会館ホールがT型だったので使う機会がありましたが、T-平行は作っていましたね。T型は西川産業と明和電機で箱買していました。そもそもT型のケーブル自体がもう作るしかないし。
レンタル器材は未だT型が多いんですよね。特に使ったのがDFとベビーだし。
目覚ましはですね、去年もやらかしました。いえ、各ホールで何度かやらかしています。オチは欠かさないくらげです。

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆうきさん
いらっしゃいませー。そうなんです、これが例のお芝居です。
芝居はしばらく離れていましたが、やっぱり好きなんだって再確認しました。くらげだけじゃなく、後輩も。
舞台の神様、いたかどうかはご想像にお任せします。
劇団については、なんだかんだでまたこのメンバーが集まりそうな予感がしています。

返信する
kenzo

SECRET: 0
PASS: 5259ee4a034fdeddd1b65be92debe731
素晴らしい仕事を終えましたね!
問題が多い困難な仕事だからこそ成長を実感できる瞬間ってわかります(遠い目・・・)
さぞかしビール美味しかったでしょうね(笑)

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
kenzoさん
いらっしゃいませー。
そうですね、今後はWEBの仕事でも困難を乗り越えて成長を・・・(遠い目)
ビールは身体中に染み渡りました。仕事頑張った後のビールは最高です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください