カセットコンロで手軽に自宅1人焼き肉をしよう

焼き肉が食べたいけど、一人で焼肉屋さんに入るには少々勇気が必要です。

できれば、お店に行かず手間を掛けずに食卓で焼いて食べたいところ。
そこで、卓上で焼き肉をカンタンに焼いて食べるにはどうしたらいいかを考えてみました。

意外と手間のかかるホットプレート

ついこの間まで使っていたのは、”タイガーホットプレートこれ一台”というホットプレートです。

コンセントに繋いでスイッチひとつでカンタンに焼くことができるのは便利ですが、準備と片づけが意外と手間がかかることが判明。

箱から出して準備して、使ったあとは鉄板洗って拭いてしまうという一連の段取りがけっこう面倒くさいのです。それにテーブルに置くと場所も取ってしまいます。最近はめっきり出番が少なくなり、お蔵入りとなりました。

カセットコンロとフライパンで焼いてみる

代わって最近活躍しているのが、カセットコンロです。

カセットコンロは、イワタニの達人スリム。
薄くて場所を取らず、天板がフッ素加工なのですぐに汚れが拭き取れます。さらに、けっこう火力も強いです。

カセットフー発売50周年記念企画商品 『スーパー達人スリム』が新色になって新登場!

まずは、カセットコンロの上にフライパンで焼き肉をしてみました。

使うフライパンは、ステンレスや鋳鉄などの熱伝導率のいいフライパンだと短時間でおいしく焼くことができます。おすすめは、熱伝導率がよく保温性に優れた多重構造のステンレス無水フライパン。焦げ付きもなく肉への火の通りも早いです。

無水調理で野菜の栄養がたっぷり。全面5層構造の優れた熱伝導で調理時間を大幅にダウン。

普通のフライパンだったら、煙が出るくらいしっかりと予熱をしたほうがジューシーに焼けます。

スキレットを使ってみた

フライパンだと、若干大きいのと雰囲気が味気ないのが残念なところ。カセットコンロに置ける手頃な大きさの鉄板を探していて「スキレット」というものを見つけました。

スキレットは鉄でできたフライパンみたいなものです。これなら、お肉も野菜も美味しく焼けます。餃子とかチャーハンも美味しく作れるみたいです。

くらげが買ったのは15センチサイズの安いやつです。

蓄熱性に優れ、そのまま食卓へ出しても、あったか長持ち

スキレットは、鋳鉄むき出しの素材なので、使用前にシーズニングという作業が必要になります。少々手間がかかりますが、シーズニングでしっかり油の膜を作ってサビ防止対策をしておけば、全然こびりつきません。

シーズニングをしよう!鉄製品の焦げ、錆び対策のやり方・手入れを解説!|暮らし〜の

おいしく焼くコツは、煙が出るくらいにしっかりと予熱をすることです。フライパンよりじっくりこんがり焼けるので、火の通りがぜんぜん違います。焼けるジュージューという音も食欲をそそります。

スキレットで一番オススメは、ナスやピーマン、玉ねぎなどの火が通りにくい野菜を弱火でじっくり焼くことです。こんがり焦げ目付くくらいに焼いて塩だけで食べると、野菜の甘味が出てとてもおいしいです。ちょっとオリーブオイルを垂らして焼いてもいいかもしれません。

ただ、さすがに15センチじゃちょっと小さかったです。お肉が2〜3枚しか入れられず、野菜もはみ出します。たとえ一人焼肉でも最低20センチはほしいところです。

食べ終わったあとのスキレットは後処理が大事です。サビを防ぐ効果のある油膜を残すため、洗剤で洗ってはいけません。もししっかりと洗いたい場合は、お湯を使ってたわしでこすります。

洗ったあとはすぐに火にかけて水分を飛ばします。放置しておくとすぐにサビが出てしまいます。表面に油が残っていれば問題ありませんが、もし表面の油分が足りないようであれば食用オイルを垂らしてキッチンペーパーで拭きながら全体になじませておきます。慣れてしまえばかんたんです。

締めくくり

ということで結論。

手軽に焼き肉をするならフライパンで。鉄板で焼くおいしさを味わいたいなら、後処理が面倒でもスキレットをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください