咲き誇る絶景の藤の花!スーパーカブC125であしかがフラワーパークに行ってきた

栃木県足利市にある、”あしかがフラワーパーク”は、一年中季節の花々を楽しめる公園です。4月中旬からは350本以上もある藤の花が見頃を迎え、”ふじのはな物語 大藤まつり”が開催されます。

幻想的な藤の花の咲き誇る風景はインスタなどで拡散されて、近年は海外客やツアー客が訪れ、大混雑するほどの盛況ぶりです。2019年は台風の被害、2020年はコロナの影響で開催が延期され、今年は2年ぶりの開催となりました。

くらげは2015年に初めて訪れて、その幻想的な雰囲気に圧倒されました。
あしかがフラワーパークで咲き乱れる藤の花を鑑賞

電車だと結構乗り換えが手間なのですが、今回はせっかくなのでスーパーカブC125でツーリングがてら訪れてみることにしました。

早朝、くらげ邸を出発するよ

くらげ邸からあしかがフラワーパークまでは、所要時間は約3時間30分。都市部の通勤ラッシュを回避して午前中の空いている時間帯に着きたいので、4時30分に出発します。
国道20号線から16号線に入り、鴻巣市、羽生市を経て一旦群馬県の館林市に入った後、栃木の足利へ向かうコースです。国道16号線の入間市の先からは、カブでは未踏の地なので楽しみです。

川越市を抜けて川島町に入る頃には街の様相も一変し、辺り一面はどこまでも田畑が広がっています。地平線まで見渡せるほどの田園風景を見て、ああ、関東って平野だったんだなと改めて感じます。

埼玉の北部や栃木の道沿いには一面の麦畑があって、麦の穂が風にそよそよとそよいでいます。荒川や利根川、渡良瀬川を渡ると、橋の長さに驚きます。多摩川なんてほんの一瞬です。
普段の行動範囲では全く見られない光景が広がっていて、走っていてワクワクします。

何度か休憩を挟みながら順調に進み、9時30分に目的地へ到着。

藤の花を鑑賞するよ

あしかがフラワーパークの入園料と入園時間は、花の咲き具合によって変動します。「ふじのはな物語〜大藤まつり〜」が始まる4月中旬くらいから900円から1,900円と徐々に値上がりしていきます。
くらげが訪れた4月21日は1,700円でした。

入ってすぐに、満開の花々が迎えてくれました。

藤の花には何種類もあって、咲く時期も微妙に異なります。紫色の藤の花はすでに満開を迎えていました。

辺りにはいい香りが漂っています。

薄いピンクは8分咲きという感じ。

夜は美しくライトアップされる藤のスクリーン。こちらはちょうどいい見頃を迎えています。

大藤の八重藤はまだ3〜5分咲き。

白藤は3分咲き。白藤のトンネルはまだぜんぜん咲いていませんでした。

大藤は何本かありますが、ほとんどがまだ5分咲きくらいで、映える写真は撮れませんでした。

藤の花の橋。遠くで眺めたほうが花の密集感を感じます。

藤の他にもいろいろな花が満開を迎えています。

こちらは、藤の花ソフト。前回来たときは、栃木ということでとちおとめソフトを食べたので今回初挑戦。ふんわりと藤の花の香りがして、甘さは控えめ。甘いのが苦手な方にもおすすめです。

古代蓮の里に寄ってみたよ

フラワーパークに来る途中、行田市にある「古代蓮の里」というところの前を通りました。ちょっと気になったので、帰りに寄ってみました。

「古代蓮の里」は行田市の市の花で市指定天然記念物でもある「古代蓮」をシンボルとした公園です。約1,400年から3,000年前のものとされる行田蓮(古代蓮)をはじめとする42種類、約12万株の蓮が植えられています。
蓮の花は夏(6月下旬~8月初旬)に見頃を迎えます。

まだ、なーんにもありませんでした。

古代蓮タワー。周囲を一望できます。展望台部分は蓮の花の形になっています。残念ながら休館日の月曜日に訪れたので、入れませんでした。

とにかく広い敷地にいっぱい咲くみたいなので、次回は蓮の花が咲く時期に訪れてみようと思います。

動画もアップしているので暇なときにでもどうぞ。


締めくくり

今回は人混みを避けて、早い時期の早い時間帯に訪れましたが、さすがにまだちょっと早かったかなという印象でした。GW中に入るとバスツアー客も訪れるため非常に混みますが、7時から開園しているので早い時間帯に鑑賞することをおすすめします。
5月中旬になると白藤ときばな藤、バラとシャクナゲが見頃を迎えますので、GW後に訪れるのもいいかもしれません。

電車で訪れる場合は、本数の少ない単線の両毛線を使用しますが、近くにあしかがフラワーパーク駅も開業してアクセスは良くなりました。ぜひ、満開の藤の花を一度は鑑賞してみてください。

場所 あしかがフラワーパーク
営業時間 開花時期によって変動(早朝、夜間もあり)
住所 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
サイト あしかがフラワーパーク
場所 古代蓮の里
営業時間 古代蓮会館(展望タワー) 9:00~16:30(受付16:00まで)
住所 〒361-0024 埼玉県行田市大字小針2375-1
サイト 古代蓮の里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください