房州びわを食べにスーパーカブC125で海を渡る

房州びわは、千葉県の南房総で栽培されていて、明治時代より天皇、皇后両陛下に毎年献上されています。果実は肉厚たっぷりで大粒、果肉はみずみずしく、食べごたえがあります。
くらげは数年前に房州びわを食べて以来そのおいしさにハマり、毎年6月はびわ狩りでお腹いっぱい味わっています。

去年は残念ながらコロナの影響でびわ狩りができず、今年こそはびわをお腹いっぱい食べようと画策していたら、今年も中止になってしまいました。ところが、たまたま見つけたびわ農家でびわ食べ放題をやっていることを知り、さっそく予約。

そんなわけで、今回はスーパーカブC125でびわ食べ放題に行ってきます。C125で初めて海を渡っちゃうよ。

久里浜港からフェリーに乗るよ

まず目指すのは、三浦半島の先にある、久里浜港。ここから東京湾フェリーに乗って房総半島の金谷港を目指します。

天気予報では曇りでしたが、横須賀市に入った途端、ぽつりぽつりと降り出しました。急いでガソリンスタンドに逃げ込み、給油がてらレインウェアを着込みます。
やがて雨は本降りになってきました。

久里浜港に着くと、乗船を待つ車はわずか数台。バイクは原付のスクーターが一台のみでした。さっそく往復きっぷを買い、乗船に備えます。
フェリーの料金は、125cc以下の原付だと往復で3,250円です。

すぐに乗船アナウンスが入り、フェリーへと乗り込みます。乗船時はバイクが一番乗りなので、乗船時刻に余裕を持って到着することをおすすめします。

いざ乗船。

乗船すると、係員が誘導してくれますので、指示に従って所定の位置に停車します。ギアは1速にして、ハンドルロックはかけません。あまり壁際ギリギリにつけると、降りれなくなります。実際に降りれなくなって係員の方に助けてもらいました。
バイクの固定は係員の方がやってくれますので、あとは任せて客室へと向かいます。ヘルメットは持って行ったほうが無難です。

客室一番乗り。

金谷港へは約35分くらい。景色を眺めたり、甲板に出てウロウロしているとあっという間に到着します。到着後の下船は車が先なので、到着してからのんびり支度をしてバイクに戻っても十分間に合います。

フェリーを降りて房総半島に上陸したら、まずは南房総市へ向かいます。ナビに道案内してもらったら、こんな山の中を走ることに。

この先、照明のない真っ暗なトンネルです。夜は怖くて走れない。

30分ほどでびわ農園に着きました。

びわをお腹いっぱい食べるよ

今回、びわ食べ放題を予約したのは、福原農園です。

かごにいっぱい入った、出荷できないB級品の房州びわをお腹いっぱい食べることができます。制限時間は30分。
上等品と変わらない味で量がいっぱいあるので、実はお店などで買って食べるよりもコスパ高いです。

ではさっそく、いただきます。

びわの皮はお尻から剥くときれいに剥くことができます。果汁は滴り落ちるほどで、服などに付くと色が落ちにくいので要注意。
手を拭くウェットティッシュやタオルを用意しておくと便利です。

これでまだ半分くらい。

無心で20個くらい食べた辺りで、制限時間を待たずにお腹にこれ以上入らなくなりました。残ったびわはお持ち帰りできます。

基本情報

施設名 房州びわと山の幸 福原農園
サイト 房州びわ食べ放題
所在地 〒299-2412 千葉県南房総市富浦町大津535
びわ狩りの料金 大人・小学生以上 30分2,500円
1歳以上幼稚園児以下 30分  500円

食べ放題の注意

  • びわ食べ放題は完全予約制です。サイト参照のこと。
  • 手を拭くためのウェットティッシュなどは各自持参・お持ち帰りです。
  • 持ち帰り用の袋は各自持参です。
  • 食後の片付けはセルフです。
  • びわの果汁が付きやすいので、汚れてもいい服装がおすすめです。
  • 解放感のある小屋で食べるので蚊がいるかも。虫除けスプレー推奨

大山千枚田で美しい棚田を見るよ

大山千枚田は、鴨川市の大山のふもとにある棚田です。東京より一番近い棚田の里と知られていて、3.2haに375枚を数える棚田は階段状に並び、「日本の棚田百選」に選ばれています。
一昨年、リトルカブでびわ狩りに来たときに立ち寄っていますが、今度はC125で行ってみたくなったのでもう一度行くことにしました。

近年はインスタやYouTubeの影響もあって田植えの時期から多くの観光客で賑わっています。しかし、今日はコロナの影響だったり平日だったり夕方だったり天気が悪かったりなどの影響からか、全く人がいませんでした。おかげで撮影がはかどりました。

青い稲がすくすく育ったこの時期もいいのですが、もう少し苗が小さい頃の水面が見えるような時期の夕暮れ時に来てみると、水面に夕暮れが反射して幻想的な風景が見えるかも知れません。

基本情報

場所名 大山千枚田
所在地 〒296-0232 千葉県 鴨川市 平塚540
施設等 トイレ、駐車場完備

帰るよ

帰りは長狭街道を使って帰ります。帰り道はまた雨に降られましたが、30分ほどで金谷港に到着。

三浦半島の方は晴れ間が見えます。

フェリーに乗船しました。

いつもはもっと早い時間に乗ってしまいますが、この時間に乗るフェリーも景色が美しくて楽しいです。

久里浜港からは3時間弱で自宅に着きます。が、ナビを起動しなかったら途中思い切り道を間違えたりして、4時間かかってようやく家に到着したのでした。

締めくくり

今回、初めてのびわ食べ放題でしたが、びわ狩りと違って山の斜面を歩いたり、天候の心配したり、晴れていると直射日光浴びたり、襲い来る蚊と格闘しなくてもいいのは楽でした。
でもやっぱり、びわ狩りは直接木からもいで食べるのが楽しいので、次回は食べ放題とびわ狩りの両方を体験してみようと思います。

You Tubeに動画をアップしています。よかったらこちらもご覧ください。


4 Comments

いのぶー

名前(笑) 取り敢えず イノシシ🐗が居るのは覚えてるけど。約10年ほど前なので あるのかなぁ😅。未確認ネタでごめんなさい。

返信する
そらいろくらげ

そうでしたかー。実際に行って確かめてみます!

いのぶー

お久しぶりーふですね。 最近はバイクとはいえ コロナの影響で中々出掛ける事もままならないですね。ビワですか 僕はいつも南房総に行くと 道の駅富浦のビワソフトを食べて ビワを楽しみます。不器用なので 結構な確率でビワの芯や種を食す羽目になるので ソフトloveです。ちなみに南房総から勝浦に抜ける房総スカイライン入り口にひなびた道の駅風の店があります。そこは定食(だいぶ前にワンコインでした)頼むと おばちゃん手作り惣菜取り放題になります。デカイ野草の天ぷら定食がお勧めです。イノシシ🐗ラーメンが🍜🍥が ありますがイノシシは使ってないです😅 裏にイノシシが居て 餌売ってるのに(笑)。まか不思議な店なのであったら 行ってみてはいかがでしょうか? 結構笑えます。では 次回も期待しております。

返信する
そらいろくらげ

いのぶーさん

お久しぶりーふです。
道の駅とみうらは野菜が安かったりびわソフトがあったりして、いっぱい楽しめますね。

ひなびた道の駅風の店、気になります。グーグルマップで見てみたけど見当たらなかったのですが、なんていうお店ですか?

いのぶー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください