もうこれで手が寒くない!スーパーカブC125にヤママルトのハンドルカバーを装着してみた

毎年悩むのが、冬の寒さ対策です。身体については、風防を取り付けてオーバーパンツと電熱ジャケットを装着することでだいぶ楽になりました。

しかし、手については不満があったので装備を見直すことにしました。

コミネのハンドルカバーに不満がいっぱい

去年までは、リトルカブで使っていたコミネのネオプレーンハンドルカバーをスーパーカブC125に装着していました。しかし、リトルカブと比べてスーパーカブC125のハンドル周りはけっこう大きいので、うまく装着することができません。

また、ハンドル周りに取り付ける部分が狭いため、分厚い生地に阻まれてウィンカーなどの操作しにくくなります。エンジンかけずに動かしていて、ハンドルカバーが動いたときにセルスターターが押されてエンジンが掛かってしまうこともあります。透明の小窓が付いていますが、まったく役に立ちません。

また、手の出し入れ部分のリブが狭いので出し入れしにくいため、運転中に手を出すときちんと入らず寒い思いをするということもありました。それに、生地が厚い割にはあまり暖かくありません。

そういった不満が溜まっていたので、今年はコミネのネオプレーンハンドルカバーは処分して、新しいハンドルカバーを購入しました。

ヤママルトのスーパーカブ専用ハンドルカバーを購入

当初は、巻き付け式のグリップヒーターを装着する予定でした。しかし、グリップヒーターの電源を取るには、バッテリーに接続するか、USBポートを取り付けてUSB接続する必要があります。スーパーカブC125の難点はハンドル周りの拡張性と外装の取り外しにくさです。いろいろ考えた挙げ句、非常に手間がかかるためグリップヒーターは断念。

あるとき、たまたまインスタグラムかなんかで、ヤママルトのスーパーカブ専用モデルがあることを知り、購入してみることにしました。

材質 外装 : 塩化ビニール/透明窓: 塩化ビニール/内装 : ウレタン・ボア付き

装着してみるよ

コミネと比べるとかなりごついのですが、ハンドル周りに取り付ける部分が広いためC125でもすっぽりと収まります。

固定はスナップを閉じて穴に紐を通して縛ります。この紐がなぜか白だったので、くらげは黒いインシュロックで固定しました。この方がしっかり固定できて外れる心配もないので安心です。

スーパーカブ専用なので、ウィンカーも透明窓からしっかり見えて隠れません。

正直なところ、見た目がダサくなるのは諦めていたのですが、意外と黒い車体とマッチして違和感がありません。

走ってみたよ

実際に運転してみると、手の出し入れがしやすいです。内側はボアになっていて風もしっかり遮断されるため手が全然寒くありません。また、操作系も阻まれることなく安全に操作ができます。さすが、スーパーカブ専用なだけあります。

コミネのハンドルカバーはネオプレーン製で雨は浸透しませんが、ハンドルカバー自体は水を含んで重くなります。こちらは水を弾いてくれるので、雨でも安心です。
今年の冬からは、このハンドルカバーで寒さを乗り越えることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください