初めての野外現場

今週3連休は、照明の仕事日です。

まず1日目の今日は、商業施設の広場で開催される野外ライブです。8時から仕込み、12時30分から19時30分まで本番です。くらげの仕事は、仕込みとオペレーターさんのフォローです。フォローと聞いて最初ピンフォローだと思っていたら、ただのフォローでした。つまり、補佐です。

場所がちょっと遠いので、6時台の電車で向かわないといけないのですが、ふと目が覚めたらなんとまあ、すでに電車に乗っている時間。死に物狂いで電車に飛び乗り、何とかギリギリ間に合いました。ふう、やれやれ。

天気予報では晴れのち曇りでところにより雨との予報でしたが、朝の時点では曇り空だったため照りつける太陽の下で焦げる心配も、雨で濡れくらげになることもなく仕込みができました。
yagai_02_20150721235653845.jpg

最初は曇り空で遠くには晴れ間が覗いていたのですが、本番が始まった頃からぽつりぽつりと雨が降り出し、降ったり止んだりの雨模様に。やがて、2組目の出演者が終わる頃には本降りに。
舞台上部は透明のビニールテントが貼られていますが、支柱と支柱の隙間から雨が落ち始め、舞台上は水浸しに。転換の間にゴムの水切りで舞台上の水を除去したり、雑巾で拭いたりと大わらわ。照明も、舞台上に置いているLED PARに水がかからないように常に気を配ります。

予報ではところにより一時的に雨が降るとの予報だったため、念のためモンベルでレインウェアを購入。持ち運びのことを考えて、パーサライトジャケットという超軽量のレインウェアにしました。
yagai_03.jpg
あれだけ散々降った雨は、最後のアーティストがリハーサルをするころにはすっかり上がり、最後のアーティストが登場した時には雨のせいでまばらだった客席も満席状態。往年のアーティストによる超白熱のライブパフォーマンスにより、会場は興奮に包まれたまま初日を終えたのでした。

明日もイベントは続きますが、明日は違う現場に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください