富士山や駿河湾を一望できる!三島スカイウォークで日本一長い吊橋を渡ってみた

三島スカイウォークは、静岡県身島市にある日本一の長さを誇る全長400mの歩行者専用吊橋です。2015年末にオープンして以来、多数の観光客が訪れている人気のスポットです。

かなり混むところなので、寒くて空いている時期を狙って12月の上旬に行ってきました。

どんなところ?

高さ70.6mの橋の上からは富士山や駿河湾、伊豆の山々などの絶景を望むことができます。橋の上は幅があるため、ベビーカーや車椅子でも通行できるようになっています。

敷地内には花のシャンデリアに彩られたスカイガーデンや総工費2億円のラグジュアリートイレ、レストランやショップなどが併設されていて、吊橋を歩くだけでなく食事などをゆっくり楽しむこともできます。
また、Kicoroの森”という自然豊かな散策路ではアドベンチャーやセグウェイ、バギーバイク、ロングジップスライドなどのアクティビティも体験することができて、一日遊べます。

場所 三島スカイウォーク
営業時間 9:00~17:00
定休日 年中無休
入場料金 [大人]1,100円
[中、高校生]500円
[小学生]200円
[幼児]無料
住所 〒411-0012 静岡県三島市笹原新田313
サイト 日本最長 富士を望む大吊橋 三島スカイウォーク

バイクを停められる場所

スカイウォーク駐車場を入っていって建物沿いに右側に進んでいくと、バイク駐輪場があります。コンクリートの壁と屋根で囲まれていて、10台くらい停められます。土日祝日はかなり混み合いそうです。

さっそく渡るよ

入場料金はチケットカウンターで購入しますが、サイトでも購入可能です。カウンター前にズラッとコーンでを並べて仕切っているのを見ると、シーズン中は相当並びそうです。

吊橋のケーブルを両側で持ち上げる主塔。

では渡っていきます。

遠くに駿河湾と清水市にある三保の松原を眺めることができます。

下は風が通り抜けやすいように横も下もグレーチングになっています。おかげで微動しかしません。

富士山も絶景です。やっぱりこの時期は空気が済んできれいに見ることができます。

往復560mのロングジップスライド。気持ちよさそうだけどやりたくはない。

橋の反対側に到着。カフェやアドベンチャー、アクティビティを楽しむことのできるエリアです。

入場チケットとともにソフトクリームの割引券をもらったので、食べてみることにしました。

そらいろくらげが空色ソフトをいただきます。甘すぎずさっぱりとしていて、それでいてミルクの濃厚さも味わえます。

吊橋のメインケーブルの端を固定し、ケーブルの引張力に抵抗するためのアンカレイジ。堅固な岩盤層まで杭基礎を設けているので、しっかり支えてくれています。

スカイウォークニュージアムに展示されている、実際に使われているものと同じメインケーブル。このケーブルを7本合わせたものを2組使用しています。

お昼ごはんを食べるよ

お昼はスカイウォークレストランでいただきます。今日はご飯を食べたい気分だったので、「箱根西麓三島野菜」や、うまみ豊かな「箱根山麓豚」を使ったカレーを出している「森のキッチン」でいただくことにしました。

注文したのは、箱根山麓豚カレー1,200円。箱根山麓豚がゴロゴロ入っていて、とろけるほど柔らかく煮込んであるのでお肉食べた感満載でおいしかったです。

他にも、箱根西麓三島野菜を使った「季節野菜カレー」や「三島ブランド」の認定を受けた、箱根西麓三島野菜、箱根山麓豚を使った「三島ブランドカレー」、スカイウォークオリジナルの味付けのみしまコロッケが乗った「みしまコロッケカレー」があります。どれもおいしそうです。

締めくくり

三島スカイウォークは噂には聞いていて、一度訪れてみたいと思っていました。思った以上に施設やアクティビティが充実していて、森の中を散策することもできるので親子連れでも一日中楽しむことができそうです。
国道1号線や東名高速のICからもアクセスしやすいので、ぜひ訪れてみてください。


1 Comment

村井 敬

あけましておめでとうございます。ブログ今年も楽しみにしてます。事故に気を付けてください

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください