舞台技術・芸術関連の記事は移動しました→xSTAGE

びっくりするほどカンタン!コケて曲がったスーパーカブC125のブレーキレバーを交換してみた

スーパーカブC125のブレーキレバーは、ハンドルより長いので右にコケると簡単に曲がります。

そこで、ハンドルより短い長さのブレーキレバーに交換することにしました。

【アフィリエイト広告】


曲がったブレーキレバーを外すよ

まず、ぐにゃりと曲がったブレーキレバーを外します。

ブレーキレバーを外すには、14ミリのレンチやメガネレンチ、もしくはコンビネーションレンチを用意します。

一般整備で使う基本ツールをラインアップ。

ブレーキレバーの根本に、レバーを固定しているナットがあるので、そこを緩めます。
上がメガネレンチで緩め、下をレンチでしっかり固定すると緩めやすいです。

ある程度緩んだら、手で緩めてナットを抜きます。あとはレバーを引っ込抜けば外れます。

新しいレバーを取り付けるよ

使うレバーはこちら。車体カラーに合わせて黒にしました。

アルミ削り出し仕上げアジャスタブルブレーキレバーです レバー距離を6段階で調整できます(クイックレバーアジャスト)

レバーを取り付けて穴の位置を合わせたら、外したときと同じように2本のレンチを使って締めていきます。
最後にしっかりと締めたら完成。

ね?簡単だったでしょ?

使ってみた感想

純正のブレーキレバーと比べて角度が付いている分、手にフィットするので握りやすいです。また、ハンドルに近くなったことで握るのが楽になりました。

手の小さい方は、交換してみるといいかも知れません。