くらげの歯の状況

くらげの大っっ嫌いな歯医者に、通うことになってしまいました。
事の発端は、左下の被せた奥歯の痛みでした。
5月頃から疼き始め、痛くなったり直ったりの繰り返しでずっと歯医者に行くのをためらっていました。しかし手遅れになると、あんな治療やこんな治療など、想像するだけで恐ろしい事態になりかねないので、ついに決断することになりました。

そして、レントゲンを撮り、診察の結果。
以前被せた奥歯、神経を抜いて根元の処置はしっかりしてあるのですが、やはり神経を取ると、そこに菌が入って化膿しやすいらしいのです。
そして、銀を被せたことによって噛み合わせが変わり、その歯だけに負担がかかって根に膿が溜まったのが原因でした。更にストレスや疲れ、睡眠不足によって悪化したようです。

治療は二通り。
1:即治療
残した歯を全部抜いて詰め物も全部穿り出し、膿を取ってから新しく詰め直す。自分の歯がなくなる。
2:時間を掛けてじっくり治療
膿が歯茎から骨を抜け、歯茎の外に出てきたところを、メスで切って取り出す。骨を通るときが一番痛い。どっちも選びたくない究極の選択です。

とりあえず、一時、被せた歯を取って負担を軽減することにしました。
これが1週間前の出来事。今日は様子を見せにいきましたが、もう少し経過を見るということになりました。
今回は詰めた銀歯の奥に見つかった虫歯の治療をして完了。大嫌いな麻酔打たれました。恐怖で顔が引きつりました。あの、チクっていう瞬間が怖いのです。

次は1週間後です。
歯医者怖いよ~(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください