ダイキンのセラムヒートで春の温もりのような温かさを感じる

現在住んでいるところは、築40年で断熱材が入っていないため冬はいろいろ着込まなければ耐えられないほどの寒さです。

くらげ邸はテラスハウスなので1階と2階が住居スペースなんですが、1階にはエアコンがありません。
以前はオイルヒーターを使用していましたが、片方のスイッチが壊れて400Wしか点きません。しばらくエアコンこの400Wのオイルヒーターで凌いでいましたが、やはり寒波襲来には打ち勝てませんでした。

しばらく電気大食いの古いエアコンとオイルヒーターで凌いでいましたが、今月の電気代が心配です。

そこで、新しい暖房器具を購入することにしました。考えて考えて考えた末に決めたのは、ダイキンのセラムヒートです。
電気ストーブや普通のハロゲンヒーターと比べるとお値段は張りますが、ちょっと奮発してみました。

遠赤外線で身体の芯まで温まる本格暖房、パワフルモード(1,150W)搭載で温かさがパワーアップ。

使ってみた感想

今まで安い暖房器具しか使ってきませんだしたが、やっぱり性能は全く違いますね。

オイルヒーターより早く温まりハロゲンヒーターより暖かくて、温風ヒーターより音が静か。エアコンみたいに乾燥しないし、電気もそんなに食わないようだし、ぽかぽかと芯から身体が温まるので快適です。
まるで、春のぬくもりのような心地よい温かさです。

さらに、首を180度回転させられるため、横長にすることもできて、角度も変えられます。横にして上向きにすると、洗濯ものを室内に干すときに役に立ちます。

一人暮らしを始めてからいろんな暖房器具を使ってきましたが、値段の安いものだとやっぱりすぐに壊れてしまいます。それに比べて、ダイキンというちゃんとしたメーカーだと安いメーカーに比べて丈夫で長持ちしそうなので元は十分取れそうです。

きっと長生きしてくれると信じています。

2020年4月25日追記

購入して12年経った今でも現役で活躍中です。さすがダイキンです。
まだまだこの先も安心して使っていけそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください