そらいろくらげが浮き輪で海に浮いているイラスト

カエル愛の詰まったギャラリー展

横浜の石川町で、フラッグアーティスト鈴木瑞のギャラリー展『十蛙十色』を観てきました。
鈴木瑞さんは、先月銀座のギャラリーで開催されていたカエル展にも出展されています。どの作品もデフォルメされたかわいいカエルなのに対し、瑞さんは写実的な蛙を描かれます。銀座の展覧会でもひときわ目立つ存在でした。

それでは、くらげが気になった作品をご紹介。

Hello! texture-

青いカエルはブラジルのカエルで、手前のカエルは日本のアマガエル。口元が膨らんでいるのは、鳴いているからです。おめめがかわいいです。
普通ならありえない出会いを描いたとのこと。アマガエルが「こんにちは」って言っているみたいに見えます。
IMG_1058

二匹のカエル

こちらも、初めて出会った感じの二匹。
IMG_1060

Chorus of frogs

このカエルたちの並び方には、ある規則性があります。ヒントは、タイトルです。
IMG_1067

K市の陰謀

K市とはどこか、陰謀とは何かは、直接作者にお聞きください。
IMG_1071

A

ぽつんと佇むカエルさんがかわいい。非売品です。
IMG_1069

締めくくり

瑞さんの作品は、じっと見ているとじんわり来ます。カエル愛に溢れているのが伝わってきます。そして、目がやさしいのが印象的です。

それから、開催されているギャラリー、”gallery fu”はカフェが併設されており、お酒が飲めます。
ビールはハートランドです。店主手作りのピクルスが絶品です。さらに、近くにはテイクアウトできるおいしいピザ屋があり、買ってきたピザを持ち込めます。

素敵な作品を見たあとにすぐお酒が飲めるというのは、最高の環境です。
いわば、俳優座劇場で芝居を見たあとにロビー併設のバーでお酒を飲みながら余韻にひたる感じです。

こんなギャラリーが増えてくれたら。もっと身近にアートを感じられる気がします。

gallery fu
鈴木瑞 daidobu

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

goToTop