美大生の感性に触れる東京五美大卒制展【多摩美編】

今年も、新国立美術館で東京五美大卒制展を観てきました。
この作品展は、東京都内の女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野芸術学部、多摩美術大学の五美術大学学生による制作展です。それぞれ1階と2階の企画展示室で、日本画、油絵、版画、彫刻の4作品が展示されています。

3年前、たまたま入った卒制展がおもしろくて、それから立て続けに鑑賞しています。ちなみに、前回の卒制展の様子はコチラ

全部の大学作品を回ってみて、くらげの心の琴線に触れた作品を大学別にご紹介します。

多摩美術大学

床に犬が転がっています。じゃなくて、モップでした。キャプチャを撮り忘れ、作品名はわからず。
DSCF8360.jpg
『自分の潜在意識と無意識の世界が開かれた海の中Ⅰ』
くらげの頭のなかは、こんな感じでいつも混沌としています。
DSCF8362.jpg
『自分の潜在意識と無意識の世界が開かれた海の中Ⅱ』
すっきりさせたいけど、どうしても整理できないのです。
DSCF8365.jpg
『無題』
こういった写実的な絵画も好きです。
DSCF8367.jpg
DSCF8368.jpg
『mona』
柔らかい雰囲気に惹かれました。
DSCF8373.jpg
『富める森』
鮮やかな鳥の色。
DSCF8375.jpg
『moving picture』
画像ではわからないのですが、絵をプロジェクターで出していて、影が動いているような動きのある作品になっています。一種のプロジェクションマッピングみたいなものでしょうか。
DSCF8377.jpg
『泡沫』
わーい海月だーーー!
DSCF8379.jpg
『エゴバッグシリーズ〜エゴなエコは消費される〜』
タイトルに非常に惹かれました。たしかに、おっしゃるとおりです。バッグはすべて布製です。これ使いたいな。
DSCF8382.jpg
DSCF8384.jpg
『navigation』
何だか説明できないけど、好き。
DSCF8385.jpg
『お話の繭』
かわいい。絵本に出てきそう。
DSCF8388.jpg
『言葉をもたない物語』
こちらも、絵本にありそう。
DSCF8390.jpg
『みず』
海月だーーー!
DSCF8392.jpg
以上、タマビ作品紹介でした。次回は、日藝と東京造形大です。

美大生の感性に触れる五美大卒制展【日藝・東京造形大編】

2 Comments

ゆうき

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
お!多摩美じゃないですか!
実は僕も三月に多摩美の卒展に行こうかと考え中です。以前の職場でやっていて、照明を担当していた頃から好きな催しだったので。
美大の人のデザインって発想からして面白いですよね~。込められた意味とか考えちゃいます!

返信する
そらいろくらげ

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆうきさん
いらっしゃいませー。
その発想力と、発想したものを実際に形にする表現力ってすごいなと思います。美大は学園祭も行ってみたいと思っています。とても楽しそうだし。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください