東京モーターサイクルショー2019でカブたちに会ってきた

3月22日から24日まで、東京国際展示場で東京モーターショーが開催されました。
このモーターサイクルショーは毎年この時期に大阪と東京で開催されているオートバイ本体、用品、ウェア等を展示している見本市です。

今回くらげは初めて東京モーターサイクルショーに行ってきました。閉場1時間前であまりじっくり全ブースを回ることができなかったので、くらげの興味の向いたものとカブを中心にレポートいたします。

仮面ライダー特別展

まずはこちら。仮面ライダー特別展。
左が「仮面ライダーゴースト」マシンゴーストライカー、真ん中が「仮面ライダーエグゼイド」仮面ライダーレーザー バイクゲーマー レベル2、右が「仮面ライダービルド」マシンビルダー。ぜんぜんライダーシリーズは知らないんですが、虫っぽさは軽減されたんですね。

ハーレーダビッドソン

バイクに興味のなかった頃でも、名前だけは知っていたオートバイメーカーです。

この無骨さがかっこいい。足は確実に届かない。

こちらはツーリング用のバイク。ここまでかっこいい風防は他に見たことがない。

赤と黒のバランスがかっこいい、STREET BOB。

レトロでメタルの質感が美しい、FORTY-EIGHT™ SPECIAL。

デイトナ

続いて、バイク用品メーカーのデイトナ。こちらはバイク専用ガレージです。
やっぱりガレージは憧れますね。カブなら5台くらいは入りそう。

こちらはHONDA クロスカブ110。デイトナのカスタムパーツでカスタマイズされています。

キャンプツーリングセット。キャンプツーリングは憧れますね。

隣はSUZUKI Vストローム250。250ccバイクに乗るならこれに乗りたいです。

小道具としてキャンプやテント泊登山では必ずと言っていいほど使われている、寝袋の下に敷くサーマレストとスノーピークのチタンマグを使う辺りが心憎い演出です。

キジマ

キジマはバイク部品メーカーです。
キジマブースに展示していたのは、スーパーカブ110とクロスカブ110。キジマ製のバッグやパーツを取り付けて展示されています。
レザーのサイドバッグがかわいい。

でもこういうガッチリしたバッグのほうが雨でも安心。

七色のスポークラップがかわいい。

このテールランプはカブっぽくない。

プジョー

プジョーは車だけだと思っていましたが、オートバイも出していたんですね。

素敵なドレスのかわいいおねえさん。

スクーターが中心のラインナップです。

株式会社山城

きれいなおねえさんに見とれてしまいました。バイクが良く似合います。

ベスパ

ローマの休日でオードリー・ヘプバーン演ずる王女が乗っていたことで有名なイタリアのオートバイメーカー、ベスパ。

今回は電動スクーターが展示されていました。シルバーと水色のツートンカラーがおしゃれです。

BMW

BMWのスクーター、初めて見ました。

全体的にマットな色合いで流線型のデザインが多い気がします。

サクマエンジニアリング

サイドカー、トライク専門の製造・販売メーカーです。

こちらホンダのモンキー125とサイドカー。丸みのあるレトロなデザインがかわいい。

こちらがトライク。トライクは見た目通り三輪車です。これなら立ちゴケの心配もないし、存在感大きすぎて煽られることもなさそう。

トライアンフ

マットなメタルの質感がかっこいい。

トライアンフブースにはステージがあり、トラスにステージ当てとしてPAR36が吊られています。LED全盛期のこの時代に珍しいですね。

出店者不明

このブースは壁一面にコミック調のイラストが描かれているのが印象的です。特に印象強かったのが明るさ。これでもかというくらい白くまばゆい光がイラストに当てられています。

その光を出しているのがこのライト。見た目は投光器みたいですが、SA SPOTというLEDハイパワースポットです。(Twitterで教えてもらいました。)

6000Kなのでより太陽光に近い色味です。

ホンダ

さて、お待ちかねのホンダブースです。今回ホンダブースでは、クロスカブ110のくまモンモデルが展示されています。くらげが今回一番見たかったバイクです。

こちらがクロスカブ110くまモンモデルです。かっこいい。

前から見た顔もかっこいい。

くまモンの顔のエンブレムが付いています。かわいい。

この1週間くらい前に開催されていた大阪モーターサイクルショーにはくまモン本人も駆けつけてくれたのですが、今回は来れないみたいです。くまモンに会いたかったモン。

こちらはホンダ・ドリームCB750 Four。1969年にナナハンの先駆けとして販売されたオートバイです。このレトロさが今見ると新鮮に感じます。

こちらは現在のCB250。けっこう好きなデザインかも。

こちらはCB125。色味が好き。

スーパーカブC125の新色。こちらのレトロ感のある色合いのほうが好きかも。

奥に写っているのは、新発売のスーパーカブ110ストリートですが色味が好きじゃないので割愛します。

締めくくり

東京モーターショーよりも控えめな印象のモーターサイクルショーですが、たっぷりバイクに触れることができて楽しい時間でした。
でも、うっかりタイトめのロングスカートを履いてきてしまい全く試乗ができなかったというのは大きな誤算でした。モーターサイクルショーはパンツで行くのが鉄板です。

来年もぜひ行ってみようと思います。もちろんパンツスタイルで。

2 Comments

そらいろくらげ

mさん

食いつくのをお待ちしておりました。
それにしても、眠い状態で記事書くと誤字がすごいですね(´・ω・`)

そうそう、このくまモンのイラスト、細かいけどちゃんと足がステップに掛かっているんですよ。あと、ヘルメットから耳がちょこんと出ているところもかわいいです。

今回はせっかくどのバイクも固定されていて足付きを気にせず乗れる機会があったのに、どれにも試乗できなかったというオチが付きましたが、次回は絶対いろんなバイクに乗ろうと思います。

ここしばらく忙しくてツーリングに行けませんでしたが、4月以降は落ち着くので、さっそく走りに行こうと思っています。
二輪免許も取りに行かないとですね。(出費が続いていてまだ時期は未定)

では、またのお越しをお待ちしております。

返信する
そらいろくらげ

mさん

いらっしゃいませー。
いつも気を使っていただきありがとうございます。
でも気にしすぎです。「眠いから」というのはただの言いわけです。万年眠たい病を患っていて常に眠たいだけなので気にしないでください。(バイク乗っているときは覚醒しています。仕事中は・・・)

免許のことも煽り気味じゃないですよ。くらげ自身は今すぐにでも取りに行きたいくらいですから。取ってすぐにボアアップしにバイク屋へ駆け込みたいくらいですから。とにかく一刻も早く脱30キロ制限と脱二段階右折したいです。もうやってられっかー!!

でも、今住んでいるところが50cc限定なのでまずは50cc以上のバイクが置けるところに引っ越してからと考えています。カブを買う前にとにかくカブが置ければ何でもいいやって借りたところなので。
神奈川だとけっこうバイク置ける賃貸が少なくて家さがしに難儀していて、50cc置けるところでさえかなり絞られます。バイク乗りには世知辛い世の中ですね。
今年中には引っ越して免許取りに行けたらなー。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください